細切れの睡眠は体に悪い?分割睡眠のリスクと対処法について

細切れの睡眠は体に悪い?分割睡眠のリスクと対処法について

睡眠を細切れにとることは、体にとって良いことなのでしょうか。

「仕事が忙しくてまとまった睡眠時間が取れない」「心配事があってなかなか寝付けず、細切れになってしまう」

こういったことは誰しも経験があると思います。

今回は細切れに睡眠をとることの体への影響や対処法についてまとめました。

 

細切れの睡眠(分割睡眠)は体に悪い?

結論から言えば、細切れの睡眠は体に悪いとされています。

主な影響については、以下のことが言われています。

 

1.認知機能の低下

睡眠が頻繁に中断されることで、注意力、記憶力、問題解決能力などが低下します。

 

2.気分障害

睡眠不足はイライラや抑うつの原因となります。

 

3.長期的な病気のリスク

睡眠が細切れの期間が長引くと、長期的には心臓病や糖尿病、肥満などの危険性が高まることが示されています。

 

睡眠の質が気になるならリカバリーCBDオイルがおすすめ

 

 

細切れ睡眠の原因

 

睡眠が細切れになるという状態は、通常、睡眠が断続的に何度も中断されることを意味します。

この状態は睡眠の質を低下させ、翌日の体調や認知機能に悪影響を及ぼす可能性があります。細切れ睡眠は、いくつかの原因によって引き起こされることがあり、適切な対策を講じることで改善することが可能です。

 

1.ストレスや不安 

心理的な緊張や不安が高まっていると、睡眠中に容易に目覚めてしまうことがあります。

 

 

2.睡眠環境

騒音、温度、光など、不快な睡眠環境が睡眠を中断させる原因になります。

 

3.健康問題

疼痛、呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群など)、尿の問題(夜間頻尿など)といった健康上の問題が睡眠を中断させることがあります。

 

4.ライフスタイル

アルコールやカフェインの摂取、不規則な睡眠スケジュールも睡眠の質を損ねる要因です。

 

分割睡眠の対策と改善方法

 

1.睡眠環境を良質に保つ

環境が悪いとどうしても寝つきが悪くなります。寝室を暗く静かに保ち、適切な温度コントロールを行なって、寝やすい環境を維持しましょう。

 

2.リラクゼーション技法

瞑想、深呼吸、ヨガなどを行い、就寝前にリラックスする時間を設けると、夜間にぐっすり寝ることができます。

 

3.健康管理

疼痛や呼吸の問題があれば、医師の診察を受けることが重要です。また、適度な運動を日常に取り入れることも睡眠の質向上に寄与します。

 

4.定時に就寝

毎日同じ時間に床につくことで体内時計を整え、睡眠の質を向上させます。

 

細切れ睡眠は多くの場合、適切な対策を講じることで改善が見込まれますが、問題が続く場合は睡眠専門医に相談することをお勧めします。

専門的な診断と治療により、根本的な原因を解消し、睡眠の質を改善することが可能です。

 

まとまった睡眠時間が取れないケース、こんな時どうする?

 

以下のような場合、まとまった睡眠時間が取れないといったことが起こるかもしれません。

原因となる事柄と、対処の仕方について以下にまとめます。

 

1.心配事があって寝付けない

精神的な負担が重いと、睡眠の質が低下して昼間に眠くなってしまうことも。

リラクゼーション技法(深呼吸、瞑想、ヨガなど)を活用して、心を落ち着かせることが大切です。

あまりに心配事が続くようであれば、その要因から距離を置くようにしたり、専門家に相談するなどして問題解決に努めることも重要と言えます。

 

2.不規則な生活リズム

夜勤やシフト制の仕事、時差ぼけなどで生活リズムが乱れると、どうしても睡眠周期も不安定になりがちです。

そのような仕事に就いている方はなかなか工夫なしで決まった時間に寝るといったことは難しいかもしれません。

できる範囲で睡眠時間の計画をたて、決まったサイクルを維持することが推奨されます。

 

3.カフェインやアルコールの摂取

 

 

コーヒーやお酒などが好きな方は、カフェイン、アルコールの摂取量やタイミングに気をつけましょう。

睡眠前のカフェインやアルコールは、睡眠の質を悪化させる原因になります。特に午後からは控えた方が良質な睡眠を得ることができます。

 

4.睡眠環境の問題

騒音がひどく寝付けない。照明が合わない。暑い、もしくは寒くて寝付けない。

こういった問題は対処も面倒ですが、結局寝付けず分割睡眠になってしまっては良くありませんので、できる限り自分に合った良質な睡眠環境づくりを心がけると良いでしょう。

 

5.健康上の問題

病気や体調不良が睡眠の質に影響を与えることがあります。特に、不眠症、睡眠時無呼吸症候群、レストレスレッグス症候群などがあげられます。

病気が疑われる場合はなるべく早く医師に相談することが勧められます。

 

6.精神的な健康状態

不安症やうつ病などの精神的な健康問題が睡眠に影響を与えることがあります。適切なカウンセリングや治療を受けることが効果的です。

これらの状況に当てはまる場合は、生活習慣の見直しや、必要に応じて医療機関での相談を検討することが重要です。 

 

睡眠の質が気になるならリカバリーCBDオイルがおすすめ

 

 

お昼に寝ることは体にいいの?

 

分割睡眠は基本的に健康に良くないことがお分かりいただけたと思います。

ところで、夜間に十分な睡眠をとることは前提として、昼間に睡眠をとることは良いのでしょうか。

昼寝にはいくつかの利点がありますが、その効果は個人の状況や昼寝の取り方によって異なります。

以下に昼寝のメリットと注意点をまとめます。

 

 

昼寝のメリット

 

1.短時間の昼寝は集中力を高める

10分から20分程度の短い昼寝は集中力や認知機能の向上に効果的です。例えば正午の休憩時間に仮眠をとって脳をリフレッシュすることは、午後のパフォーマンスを向上させることに繋がるとされています。

 

2.気分の改善

気分転換にも昼寝は良いとされます。ストレスを軽減し、気分をリフレッシュするのに役立ちます。疲労感を回復させ、元気を取り戻す効果があると言えます。

 

3.記憶力の向上

睡眠は記憶の定着に重要な役割を果たします。短い昼寝でも、学習した内容の記憶をよりはっきりさせる効果があるとされています。

 

 

昼寝の注意点

 

1.長く昼寝をしてしまうと、夜に眠れなくなる

昼寝が長すぎると、夜の睡眠に悪影響を及ぼしかねません。昼寝をする場合は30分以内が推奨されます。

 

2.夕方ごろに昼寝をしない

遅い時間に昼寝をすると夜の睡眠リズムが乱れる可能性があります。昼寝は午後の早い時間に行うのが良いでしょう。

 

3.毎回不規則な時間に昼寝をしない

不規則な昼寝は体内時計を狂わせることがあるため、できるだけ同じ時間に昼寝をするように心がけましょう。

昼寝は適切に行えばリフレッシュできて仕事の能率も高まる理想的なライフスタイルとなりますが、個々の生活リズムや健康状態に応じて最適な方法を見つけることが大切です。

 

 

質の良い睡眠体験を求める方へ MUZEのCBDオイル

 

夜間になかなか寝付けなくて、ついつい細切れに睡眠をとるようになってしまう。

そんな方におすすめなのが、最短でベストなコンディションを実現するためのセルフケアイテムを提供する、ウェルネスブランド「MUZE」のリカバリーCBDオイルです。

リカバリーCBDオイルは睡眠へのアプローチとして注目が高まっている「CBD」と「CBN」を最高水準に高配合したオイルとなっています。

お好きな飲み物に数滴垂らして飲むだけなので、手軽な睡眠ケアがかないます。

 

リカバリーCBDオイルについて詳しく見る

 

まとめ

 

睡眠を細切れにとることの体への影響、リスク面と対処法について解説しました。規則正しい生活を心がけて、リラックスした状態で夜間にぐっすり寝られるようにすると良いですね。

上手に昼寝やCBDオイルなどのリラックスアイテムを利用して、良い睡眠サイクルを維持しましょう。